【アメリカ最大の反共運動】マッカーシズム①概要・起源

見出し画像

こんにちは。いつもお越しくださる方も、初めての方もご訪問ありがとうございます。

今回はマッカーシズムの英語版Wikipediaの翻訳をします。翻訳のプロではありませんので、誤訳などがあるかもしれませんが、大目に見てください。翻訳はDeepLやGoogle翻訳などを活用しています。

学問・思想・宗教などについて触れていても、私自身がそれらを正しいと考えているわけではありません。

 

 

マッカーシズム

McCarthyism - Wikipedia

マッカーシズムとは、特に無政府主義共産主義社会主義に関連し、特に公然かつ注目を集める方法で行われる、破壊活動や反逆行為に関する虚偽または根拠のない告発を行う慣行のことである。

この用語はもともとアメリカの上院議員ジョセフ・マッカーシーの論争の的となる実践と政策を指し、1940年代後半から1950年代まで続いた第二次赤色恐怖として知られるアメリカでの期間に起源を持つ。その特徴は、左翼の個人に対する政治的抑圧と迫害を強め、共産主義者社会主義者アメリカの機関に影響を及ぼしているという疑惑とソヴィエトの諜報員によるスパイ活動への恐怖を広めるキャンペーンを展開したことである。1950年代半ば以降、マッカーシズムは衰退し始めた。その主な理由は、ジョセフ・マッカーシーが、彼の告発のいくつかが虚偽であることが判明した後、徐々に世間の人気と信用を失ったことと、アール・ウォレン最高裁長官が人権問題を理由に率いる連邦最高裁判所が持続的に反対したことである。ウォーレン判事は、市民権や政治的権利に関する一連の判決を下し、いくつかの重要な法律や立法指示を覆し、「第二次赤色恐怖」に終止符を打つのに貢献した。1980年代以降、歴史家たちは、マッカーシーの関与は他の人たちよりも中心的ではなかったので、代わりに現象の広がりをより正確に伝える別の、より正確な用語を使うべきであり、マッカーシズムという用語はもはや時代遅れであると指摘してきた。エレン・シュレッカーは、FBI長官J・エドガー・フーヴァーにちなんだフーヴァリズムがより適切であると提案している。また、スタンリー・カトラーなどは、この運動の立法上の重要人物であるネバダ州のパット・マッカラン上院議員にちなんでマッカリズムという言葉を提案している。

マッカーシー時代と呼ばれるようになるのは、マッカーシーが全国的に有名になる以前からである。戦時中の東西ソ連同盟が崩壊し、多くの人が「第一次赤色恐怖」を思い出す中、ハリー・S・トルーマン大統領は1947年、連邦政府職員を「全体主義ファシスト共産主義、破壊的」、「違憲手段による合衆国政府形態の変更」を主張する組織と関係があるかもしれないと選別する大統領令に署名した。翌年、チェコスロバキア共産党によるクーデター(※1948年のチェコスロバキア政変)が発生し、西側諸国では共産党の権力掌握と破壊活動の可能性に対する懸念が高まった。1949年、国務省の高官がスパイ事件で偽証罪に問われ、ソ連が核実験を行った。翌年には朝鮮戦争が始まり、アメリカ国内の緊張と共産主義者の動乱への懸念が大きく高まった。1950年2月、マッカーシーは演説で、国務省に勤務するアメリ共産党員のリストを持っていると主張し、マスコミの注目を集めた。同年3月末、マッカーシズムという言葉が初めてクリスチャン・サイエンス・モニター紙に掲載され、ハーブロックの政治漫画がワシントン・ポスト紙に掲載されることになった。その後、この言葉はより広い意味を持ち、「破壊的」とされる要素を取り締まる同様の努力の行き過ぎを表現するようになった。21世紀初頭には、この言葉は、反逆罪や極左過激派に対する無謀で根拠のない非難や、政敵の人格や愛国心に対するデマゴギー的な個人攻撃を表すものとして、より一般的に使われるようになった。

迫害の対象となったのは、公務員、芸能界の著名人、学者、左翼政治家、労働組合活動家などであった。決定的な証拠がないにもかかわらず、その疑惑はしばしば信用され、その人の左翼的な関連や信条がもたらす脅威の度合いはしばしば誇張された。共産主義者と疑われる者への弾圧の結果、多くの人々が失業し、キャリアと生活を破壊され、中には投獄された者もいた。これらの報復のほとんどは、後に覆された裁判の判決、後に違憲とされた法律、後に違法または訴追可能とされた理由による解雇、雇用主や公的機関による非公式のブラックリストなどの司法外の手続きによって開始されたが、その頃には多くの人生が台無しにされていたのである。マッカーシズムの最も顕著な例として、マッカーシー上院議員によって行われた共産主義者とされる人々の調査や、下院非米活動委員会(HUAC)によって行われた公聴会などが挙げられる。

起源

ハリー・S・トルーマン大統領が1947年3月21日に出した大統領令9835号は、すべての連邦公務員に「忠誠心」の有無を審査するよう要求した。この命令では、司法長官が「全体主義ファシスト共産主義、破壊主義」と判断した組織や、他の人の憲法上の権利を強制的に否定することを主張または承認している組織、「違憲の手段によって合衆国政府の形態を変更しようとする」組織の「会員、所属、同調的関連」を見つけることが、不忠実と判断する一つの根拠となるとされた。

マッカーシー時代として知られるようになった歴史的期間は、ジョセフ・マッカーシー自身が関与するよりもずっと前に始まっていた。多くの要因がマッカーシズムに寄与したが、そのうちのいくつかは共産主義が認められた政治勢力として出現し、組合結成や無政府主義活動に関連したアメリカにおける広範な社会的混乱に触発された第1次赤色恐怖(1917-20年)に根ざしたものであった。労働組合の組織化に成功し、ファシズムに早くから反対し、世界恐慌の中で資本主義の悪弊に代わるものを提供したこともあり、アメリ共産党は1930年代を通じて党員数を増やし、1940から41年には約7万5000人のピークに達した。第二次世界大戦中、アメリカはソ連と同盟を結んでいたので、反共産主義の問題は大きくクローズアップされることはなかった。第二次世界大戦が終わると、ソヴィエト連邦中欧と東欧を占領していた地域に共産主義の傀儡政権を設置したため、ほとんどすぐに冷戦が始まった。1947年3月、トルーマンは議会演説で、ソ連地政学的拡張に対抗する新しい外交方針を打ち出した。このドクトリンはトルーマン・ドクトリンと呼ばれ、ギリシャをはじめ、中国などでの反共勢力に対するアメリカの支援の指針となった。

イゴール・グゼンコとエリザベス・ベントレーの事件は1945年にソ連のスパイの問題を提起していたが、1949年と1950年の出来事はアメリカにおける共産主義に関連する脅威の感覚を急激に増大させた。1949年、ソ連は予想より早く原子爆弾の実験を行い、冷戦の様相を呈してきた。同年、毛沢東が率いる共産主義軍が中国大陸を制圧したが、これに対抗する国民党にはアメリカから多額の資金援助がなされた。1950年、米軍、国連軍、韓国軍と北朝鮮、中国の共産主義者との間で朝鮮戦争が勃発した。

翌年には、ソ連の冷戦時代のスパイ活動がより洗練された証拠となるものが西側で発見された。1950年1月、国務省の高官であったアルジャー・ヒスが偽証罪で有罪になった。時効が成立していたにもかかわらず、下院非米活動委員会での証言でその罪を否定したため、偽証罪で有罪になったのである。英国では、クラウス・フックスが、戦時中にロスアラモス国立研究所マンハッタン計画に従事していた際、ソ連のためにスパイ行為を行ったことを告白しています。ローゼンバーグ夫妻は、1950年にアメリカで、ソ連のために原爆の機密を盗んだ容疑で逮捕され、1953年に処刑された。

マッカーシズムの台頭を促した勢力は他にもある。アメリカの保守的な政治家たちは、児童労働法や女性参政権といった進歩的な改革を「共産主義者」「赤い陰謀」と呼び、そうした改革に対する恐怖心を煽ろうとしてきたのである。1930年代の世界恐慌の際にも、フランクリン・D・ルーズベルト大統領のニューディール政策に反対する際に、同様の言葉が使われた。保守派の多くは、ニューディール政策社会主義共産主義と同一視し、ルーズベルト政権の共産主義者とされる政策立案者の影響が強すぎる証拠だと考えていたのである。一般に、反共産主義の政治家のレトリックでは、スパイ活動などの具体的な活動よりも、「共産主義の影響」という漠然とした危険性がより一般的なテーマであった。

マッカーシーがこれらの問題に公的に関与したのは、1950年2月9日のリンカーン・デーに、ウエスバージニア州ホイーリングの共和党女性クラブで行った演説からであった。彼は、国務省に勤務する有名な共産主義者のリストが載っているという紙切れを振り回した。マッカーシーは通常、次のように言っている。「私は、国務長官共産党員であることが知られ、それにもかかわらず、国務省で働き、政策を形成している205人のリストを手にしている」。この演説は、マッカーシーに対するマスコミの注目を集める結果となり、彼がアメリカで最も有名な政治家の一人となる道を確立する助けとなりました。

記録に残る「マッカーシズム」という言葉の最初の使用は、1950年3月28日のクリスチャン・サイエンス・モニター紙(「マッカーシズムによる彼らの小さな騒ぎは相談の助けにならない」)であった。同紙は最も早く、最も一貫した上院議員の批判者となった。次に記録されているのは、翌日のワシントン・ポストの編集漫画家ハーバート・ブロック(ハーブロック)の政治漫画で使われたものである。この漫画は、4 人の有力な共和党員が象(共和党の伝統的なシンボル)を押 して、10 個のタールバケツを積み上げたぐらつく台の上に立たせようとする様子を描いて いるが、その一番上には「マッカーシズム」と書かれている。ブロックは後にこう書いている。

この言葉は、他に言いようのない国民的苦悩を表すために使われているだけである。もし誰かがこの言葉に対して権利を主張するならば、その人はこの言葉とウィスコンシン出身の下級議員を歓迎する。食器一式と石鹸一ケースも無料で差し上げます。

関連記事

【アメリカ最大の反共運動】マッカーシズム①概要・起源 - 幻想の近現代

【アメリカ最大の反共運動】マッカーシズム②機関 - 幻想の近現代

【アメリカ最大の反共運動】マッカーシズム③支持者と共産主義者像 - 幻想の近現代

【アメリカ最大の反共運動】マッカーシズム④マッカーシズムの対象者 - 幻想の近現代

【アメリカ最大の反共運動】マッカーシズム⑤批判・衰退・反響 - 幻想の近現代

最後に

最後までお付き合いいただきありがとうございました。もし記事を読んで面白かったなと思った方はスキをクリックしていただけますと励みになります。

今度も引き続き読んでみたいなと感じましたらフォローも是非お願いします。何かご感想・ご要望などありましたら気軽にコメントお願いいたします。

Twitterの方も興味がありましたら覗いてみてください。

今回はここまでになります。それではまたのご訪問をお待ちしております。