【知ってはいけない通信社の重要人物】ベルンハルト・ヴォルフ

見出し画像

こんにちは。いつもお越しくださる方も、初めての方もご訪問ありがとうございます。

今回はベルンハルト・ヴォルフの英語版Wikipediaの翻訳をします。翻訳のプロではありませんので、誤訳などがあるかもしれませんが、大目に見てください。翻訳はDeepLやGoogle翻訳などを活用しています。

学問・思想・宗教などについて触れていても、私自身がそれらを正しいと考えているわけではありません。

 

 

序文

今回はアヴァス、ロイターと共に三大通信局の一極を担ったヴォルフ電報局を紹介します。アヴァス、ロイターと同じくユダヤ人であったヴォルフは、アヴァス、ロイターと共にカルテルを形成し、ヨーロッパ、更には世界のニュースネットワークを彼らと共に支配しました。現在、アヴァスはAFP通信社として、ロイターはトムソンロイターとして残っていますが、ドイツを中心として活動していたヴォルフは、その地域性と彼に子供がいなかったことにより、今は残っていません。当時の通信社がヨーロッパおよび世界においてどのような状態だったのかを知る上でも、知識として押さえておくのもいいかもしれません。

ベルンハルト・ヴォルフ

Bernhard Wolff - Wikipedia

ベルンハルト・ヴォルフ(1811年3月3日 - 1879年5月11日)は、ドイツのメディア界の大物である。『フォスシェ新聞』の編集者、『国民新聞』の創刊者(1848-1938)、ヨーロッパで最初の通信社のひとつであるヴォルフ電報局(1849-1934)の創設者であり、第二次世界大戦時代までヨーロッパ三大電信専売局(他の二つはイギリスのロイターとフランスのアヴァス)のひとつであった。ヴォルフは、ユダヤ人銀行家の次男として生まれ、ベルリンで生涯を閉じた。彼の墓は、ベルリンのプレンツラウアー・ベルク地区のシェーンハウザー・アレーにあるユダヤ人墓地に保存されている。

若年期

ヴォルフは、1811年、資産を失ったユダヤ人銀行家の息子としてベルリンに生まれた。ハレ大学で医学を学んだが、すぐにジャーナリズムの世界に入った。1721年に創刊されたプロイセンの主要新聞であった『フォスシェ新聞』の編集長を務めたのが始まりである。若い頃、彼は自由主義を信奉していたが、当時は禁止され、ほとんど容認されていなかった「過激な」イデオロギーであった。ヨーロッパでは君主制が主流で、ナポレオン敗戦後は絶対主義が復活した。1825年、わずか14歳の彼は、ベルリンに書店を設立し、自由主義や革命のパンフレットを販売した。1848年、大陸では革命の年であり、ヴォルフは仲間の自由主義者とともに、また新聞「国民新聞」を創刊し、1938年まで発行されることになる。彼は1835年に最初の通信社を設立し、ドイツ語の報道をフランス語に翻訳していた。

通信社を設立

ヴォルフは、アヴァスの経営するビジネスに魅了され、自分もやってみたいと思うようになった。1849年、ベルリンに戻った彼は、電信通信局(TCB)を設立した。本社はベルリンのフリードリッヒシュタット地区のツィンマー通りにあり、100年後にベルリンの壁ができる場所に近かった。ヴェルナー・ジーメンスは、その2年前の1847年、ヨハン・ゲオルク・ハルスケとともに電信機会社を設立していた。この提携により、TCBは情報伝達に必要なインフラを確保し、電信の利用で優位に立つことができた。ジーメンスプロイセン政府との契約により、プロイセン全土に電信を普及させた。 ドイツはまだ統一された国ではない。バイエルンザクセンハノーファー、ナッサウ、ハンブルク、フランクフルト、ブレーメン、そして最も大きく豊かなプロイセンなど、いくつかの王国、公国、選帝侯国、都市国家に領土が分割されていた。1849年、プロイセン政府は国家電信サービスを設立し、ジーメンスはベルリンとハンブルク、ケルン、ライプツィヒデュッセルドルフオーデルベルク、ブレスラウ(現ポーランドヴロツワフ)、シュテッチン(現ポーランドのシュチェチン)といった王国のいくつかの都市を結びつけた。ジーメンスは、アメリカやイギリスで採用されているモールス符号を使わずに、簡略化した電信規格を開発することで、ドイツ王国や公国を繁栄させることになる。ヴォルフはパリで、同じく政治的立場から亡命してきたユダヤプロイセン人と行動を共にしていた。ポール・ジュリアス・ロイターである。ヴォルフは帰国した。ロイターは西プロイセンのアーヘンに居を構え、パリとベルリンの間の電信がまだ通っていない区間をカバーするため、伝書鳩を使ったニュース・サービスを運営した。1851年に電信線が完成すると、ロイターはロンドンに移り、現在も彼の名を冠した通信社ロイター通信社を設立した。以後、元同僚の2つの代理店は、ヨーロッパのニュース市場、特に金融情報、銀行、証券取引所の分野で激しい競争を繰り広げるようになった。さらに、フランスのパイオニアであるアヴァス社が、ナポレオン3世の影響を受け、言語の近接性と地政学的な理由から、すぐにイタリアとスペインの市場を征服したため、競争は激しくなった。

カルテルに参加

1856年、アヴァスとロイターは、お互いの国内金融市場に関する情報を交換し、首都での取引結果を伝えるという協定に調印した。その後まもなく、ヴォルフはベルリン証券取引所のデータを使って、この取り組みに参加するよう招かれた。3年後、3社は「グランデ同盟」(リング)の愛称で呼ばれる協力協定を結び、パートナーシップは正式に結ばれた。その際、ベルンハルト・ヴォルフとポール・ジュリアス・ロイターは、1859年7月15日にパリでシャルル・ギヨームとオーギュスト・アヴァス(シャルル・ハヴァスの息子で1858年に彼の死後、フランス代理店のオーナー)に迎え入れられた。その3日後、オテル・ブリオンにあるアヴァスの本社で、二人はヨーロッパを各代理店の独占地域に分割する協定に署名した。こうしてアヴァスは、フランスとその領土(独立国か植民地かを問わず)において、ヴォルフとロイターの通信を配信する唯一の会社となったのである。ヴォルフはアヴァスとロイターで同じことをする。ロイターはイギリスと広大な大英帝国からの通信を同様に扱う。実際には、関税や営業規則、特に独占的な領土を組み合わせることによって、代理店は真のカルテルを確立した。このヨーロッパ分割で、ヴォルフはロシア(当時はポーランドフィンランドベラルーシウクライナを含む)に加え、北欧(デンマークスウェーデンノルウェー)、オーストリアとその帝国領ハンガリークロアチアスロバキアボヘミア(現チェコ)などで収益性の低い地域を手にした。有力な新聞社や統合証券取引所がない東欧へのヴォルフの進出は、オランダ、ベルギー、スペイン、ポルトガル、イタリアとそれぞれの王国の領地をもってしても、アヴァスやロイターが保証するところまではいかなかった。

ヴォルフの代理店が株式公開

1865年5月1日、ドイツ代理店は株式公開し、証券取引所で株式を取引する公開有限責任会社となった。主な株主はベルンハルト・ヴォルフのほか、銀行家、プロイセン政府などであった。電信通信局は「ヴォルフ電報局 (WTB)」という名称を採用した。各機関はカルテルへの忠誠心を維持しようとした。ドイツ人のエリック・ニコライ・リツァウは、デンマークで自分の名前を冠した代理店を設立し、ロイターがすでに営業拠点を置いていたハンブルクに事務所を構え、ポール・ジュリアス・ロイターにロンドンでのサービスのために派遣を受けるための提携を提案する。ロイターはすでに英国籍であったため、これを拒否し、カルテルで北欧を担当していたベルンハルト・ヴォルフにその仕事を引き継いだ。国内での競争相手が現れるのに時間はかからなかった。1856年、ベスマンはブレーメンに「ベスマンズ電信局」を設立した。1862年にはフランクフルトを拠点とするヘロルド電報局が設立された。1868年には、ミュンヘンの通信ホフマンとベルリンの電信局ルイ・ヒルシュが誕生した。ヴォルフは、カルテルジーメンスとの提携、プロイセン国家によって、リーダーとしての地位を維持しました。しかし、カルテルによって提携代理店間の競争がなくなることはなかった。1866年、大西洋横断北方ケーブルが敷設された際、ロイター通信がドイツに侵入したことへの報復として、ヴォルフはカルテルを脱退し、米国の代理店である西連合通信社と再配信契約を結び、ニュースの流れの並行システムを確立した。

プロイセン政府と提携したヴォルフ社

1869年6月10日、ポール・ジュリアス・ロイターが会社を買収しようとまでしてきたことに反発し、ヴォルフはオットー・フォン・ビスマルク首相率いるプロイセン政府と戦略提携を結び、正式に「大陸電報社(CTC)」と改称、報道部門は「大陸電報局(CTB)」と呼ばれるようになった。しかし、市場やジャーナリストの間では、引き続き「エージェンシー・ヴォルフ」と呼ばれるのが一般的だった。当時、ビスマルクプロイセン国庫から年間10万ターレの資金を提供し、通信社を援助していた。カルテル内の「分裂」は4年間続いた。1870年にヴォルフが帰国すると、全世界を各機関が独占する区域に分割するという、より野心的な新たな協定が結ばれることになる。ヨーロッパ各国の代理店への世界の割り当ては、恣意的なものではなく、単なる政治的なものでもなく、各国の首都が設置する通信インフラのコントロールに具体的に従ったものであった。ロイターは、海底電信ケーブルの大部分をイギリス企業が支配することで合意した。ヴォルフの取り分は、ジーメンス中欧とロシア、バルカン半島オスマン帝国ペルシャを結んでいたことに拠るものであった。1870年の協定の条件は、もちろん帝国主義のゲームを反映したものだった。アヴァスとロイターがヴォルフに課した「先任条項」は、独仏の対立を映し出し、ヴォルフに年間利益の25%を支払うことを義務づけ、将来の拡大を制限するものだった。

普仏戦争

代理店による世界分割が行われた半年後、アヴァス(フランス)とヴォルフ(プロイセン)が衝突する普仏戦争(1870〜1871年)が勃発した。ビスマルクがヴォルフの電報を編集し、フランスの世論を操作したことがきっかけで、フランスはプロイセンに宣戦布告し、プロイセンは隣国を侵略し占領した。プロイセンは勝利し、1871年プロイセンは他のドイツ独立国を率いて、一つの国家「ドイツ」を建国した。この紛争は、不可逆的に協定を破壊するものではなかったが、ロイターとアヴァスの結びつきを強める一方で、フランスとドイツの代理店間の関係をより困難なものにした。

個人

友人のカール・フレンツェルは、ヴォルフのことを「立派で好感の持てる性格で、威厳のある寡黙な人だった」と書いている。ヴォルフは、広く優しい顔立ちで、白髪、鋭い目、生き生きとした表情、陽気な笑みをもっていた。企業では、優れた人間力を発揮した。結婚したことはないが、友情に厚い。ベルリンのライプツィガー通り58番地の古風な赤い居間やパンコウの自宅のガーデンハウスで、幅広い友人たち、特に自分が出版した作家たちを楽しませるのが好きだった。ヴォルフは健康のために定期的にカルロヴィ・ヴァリの温泉へ通った。晩年、ヴォルフは脳卒中痛風、腎臓病などで体調を崩した。ヴォルフの甥であるフェルディナンド・サロモン博士は、彼が亡くなったとき一緒にいて、ベルリンの公式な死亡記録にサインをした。ヴォルフは遺言で、毎日つけていた日記やその他の個人的な文書を破棄するように命じた。カール・フレンツェルは彼の喪主の一人であった。

晩年

1871年、ベルンハルト・ヴォルフは代理店の経営から退いたが、『国民新聞』の経営者としては留まり、甥であるフェルディナンド・サロモン博士がヴォルフの死後、引き継いだ。1876年から1878年にかけて、今度はバルカン半島での戦争(オスマン帝国の属国であったセルビアモンテネグロブルガリアルーマニアが独立)により、カルテルの代理店の間に新たな対立が生まれた。20年前にイタリアで起こったこととは逆に、アヴァスとロイターは取材競争を好み、それぞれがヴォルフに割り当てられた領土に別々に特派員を送り込み、ドイツの代理店の独占領域を「侵略」したのである。1879年、ベルンハルト・ヴォルフは長い闘病生活の末に死去した。ドイツ電信社の経営は、パートナーであるドイツの新聞社や銀行の代表者たちによって担われることになった。20世紀初頭、世界最大の通信社の一つであったヴォルフ電報局は、ヨーロッパ各地、アメリカ、アジアに特派員を抱え、資本金は100万マルクと推定されていた。ヴォルフ電報は、ドイツ語圏の報道機関や東欧の海外報道の中心的存在であった。

感想

ヴォルフの現存している写真から、彼がフリーメイソンだったことが確認できます。この事から、ポール・ロイターも前の記事の続きになりますが、フリーメイソンだったとしてもおかしくありません。またシャルル=ルイ・アヴァスも知人に多くのフリーメイソンがいただけに、フリーメイソンだった可能性があります。彼らがユダヤ人であったということと同時に、フリーメイソンの結社員であったということも、三者による同盟は理屈として説得力はあるのではないかと思います。あくまでも推測に過ぎませんが。

関連記事

【知ってはいけない通信社の重要人物】シャルル=ルイ・アヴァス① - 幻想の近現代

【知ってはいけない通信社の重要人物】シャルル=ルイ・アヴァス② - 幻想の近現代

【知ってはいけない通信社の重要人物】ポール・ロイター - 幻想の近現代

【知ってはいけない通信社の重要人物】ベルンハルト・ヴォルフ - 幻想の近現代

最後に

最後までお付き合いいただきありがとうございました。もし記事を読んで面白かったなと思った方はスキをクリックしていただけますと励みになります。

今度も引き続き読んでみたいなと感じましたらフォローも是非お願いします。何かご感想・ご要望などありましたら気軽にコメントお願いいたします。

Twitterの方も興味がありましたら覗いてみてください。

今回はここまでになります。それではまたのご訪問をお待ちしております。