【知ってはいけない上海のユダヤ人銀行家】ヴィクター・サスーン卿

見出し画像

こんにちは。いつもお越しくださる方も、初めての方もご訪問ありがとうございます。

今回はヴィクター・サスーンの英語版Wikipediaの翻訳をします。翻訳のプロではありませんので、誤訳などがあるかもしれませんが、大目に見てください。翻訳はDeepLやGoogle翻訳などを活用しています。

学問・思想・宗教などについて触れていても、私自身がそれらを正しいと考えているわけではありません。

 

 

序文

第二次世界大戦前後の上海には、有力なユダヤ人資本家たちがいました。その中でも最も有名なのがヴィクター・サスーン卿です。上海では当時大東社系のフリーメイソンが暗躍していたともされており、彼らとフリーメイソンとの関係がどういったものだったのか、その詳細までは解りませんが、いずれにせよ、東アジアにおける彼らの活動は今日の東アジアの情勢に非常に大きな影響を残したことは間違いないと思われます。

ヴィクター・サスーン

Victor Sassoon - Wikipedia

エリス・ヴィクター・サスーン卿(第三代準男爵大英帝国勲章、1881年12月20日 - 1961年8月13日)は、裕福なバグダディ出身のユダヤ系サスーン商人と銀行家のビジネスマン、ホテル経営者であった。

伝記

エリス・ヴィクター・エリアス・サスーン卿は、1881年12月30日、家族がインドへ向かう途中のイタリアのナポリで生まれた。英国で育ち、ハローカレッジとケンブリッジのトリニティ・カレッジで学んだ。サスーンは、アヘンビジネスで財を成したバグダディ系のユダヤ人一家の出身である。この一族は、インドの綿花産業にも大きな資産を持っていた。第一次世界大戦では、王立飛行隊に所属していた。1916年に飛行機が墜落した際、足の怪我に悩まされ、その後一生を棒に振ることになる。1924年に父が亡くなると、ヴィクターは父の爵位を継承し、ボンベイの第3代準男爵となった。インドに渡り、家業の織物工場を経営し、インド立法議会の議員を務めた。

1920年代から30年代にかけては、インドから中国の上海に財産の多くを移し、数百万米ドルを地元経済に投資して、同地の不動産ブームに貢献した。ヴィクター卿は、仕事や遊びで頻繁に世界中を訪れ、インドのプーナと上海を行き来していた。キャセイ・ランド社、キャセイ・ホテル社をはじめ、少なくとも50の会社を買収した。サスーンは1929年にキャセイホテル(現在のピースホテル)を建設したほか、大型ホテル、オフィスビル、住宅を建設し、その多くは上海中心部のウォーターフロント地区である外灘にあった(ハミルトンハウス、メトロポールホテル、エンバンクメントなど)。一時期は1800軒以上の物件を所有していた。サスーンは、東洋における西洋の利益を守るために尽力し、上海ゲットーで生き延びたヨーロッパ系ユダヤ人を支援した。

ヴィクター・サスーン卿は写真を愛し、まずシムラー(訳注:インド北部の都市)にハミルトン・スタジオというスタジオを開設した。1928年、彼は趣味を確立し、ボンベイ州のバラードエステート(訳注:ムンバイの金融地区)にハミルトンスタジオと同じ名前のスタジオを開設した。バラードエステートのE・D・サスーン・ビルディング(彼の資産の1つ)には、シムラーのすべてのネガがここ、ボンベイに運ばれ、そのスタジオは完全に閉鎖された。また、競馬、中国の象牙、国際的な交友関係、旅行も好きだった。貴族や、チャーリー・チャップリンマレーネ・ディートリッヒ、ベイジル・ラスボーン、ベティ・デイヴィスなどのハリウッドスターも知人の一人であった。写真家としても活躍し、友人や国内外の風景を撮影し、多くの写真集を制作した。また、日記に自身の写真を掲載することもあった。

1941年まで上海に住んでいたが、中国と日本の戦争のため、退去を余儀なくされた。1949年の中国共産党革命の後、中国での事業を売却し、バハマのナッソーに移住した。

1950年代、サスーンはナッソーのケーブル・ビーチにある自宅で暮らした。1961年にサスーンが亡くなった後もナッソーに残り、アメリカ人の看護師エブリン・バーンズ(バーンジー)と結婚した。サスーン夫人は、亡き夫が設立したバハマの子どもたちを支援するチャリティ団体を支援し続け、毎年バレンタインデーの週末にブラックタイの「ハートボール」を開催している。

E・D・サスーン商会

1924年に父親が亡くなり、ヴィクター・サスーン卿が商社「E・D・サスーン商会」を継承。1867年に設立され、ボンベイ(インド)と上海(中国)に事務所を構え、ペルシャ湾の港やバグダッド、日本にも権益を有していた。インドで綿花工場を経営し、極東の不動産に投資した。1928年、ヴィクター・サスーン卿が「E・D・サスーン商会」の子会社として、一族の貿易利益を調整する「E・D・サスーン銀行」を設立。

1930年3月、E・D・サスーン商会の新しい本社が上海の「サスーンハウス」に開設された。第二次世界大戦は、E・D・サスーン・グループに多くの変化をもたらした。生産量は順調だったものの、独立後の外国人オーナーとしての問題を懸念し、1943年にボンベイの工場の処分を決定した。1949年5月、上海は共産主義政権の支配下にあり、本社を置くには不向きと判断し、1950年にバハマ諸島のナッソーに移した。ナッソーが選ばれたのは、個人税や法人税がなく、ヴィクター・サスーン卿が1961年に亡くなるまで住む予定だったためと考えられている。

「E・D・サスーン銀行」 は1972年に商業銀行「ウォレス・ブラザー商会」に買収され、その後1976年にスタンダード・チャータード銀行に買収された。その他の「サスーン・グループ」と、夫の死後、サスーン夫人が設立した「サー・ヴィクター・サスーン・ハート財団」は、現在も一家が住むナッソーで運営されている。

ウッディトン・スタッド

ヴィクター・サスーン卿は、サラブレッド競馬の愛好家であり、英国で数々の名勝負を繰り広げた馬を所有し、大きな成功を収めていた。1925年、彼はニューマーケット競馬場からほど近いケンブリッジシャー州に1851年に設立されたバンガロー・スタッドを購入した。彼は、親しい人々に「イブ」と呼ばれていたため、イブスタッドと改名した。イブは、彼の最初の2つの名前、エリス・ヴィクターを縮めたものである。ヴィクター卿のイギリスでの成功を支えたのは、1952年にイヴ・スタッドの支配人となった調教師ノエル・マーレス卿であった。

1970年にヴィクター卿の未亡人から土地を購入し、ウッディトン・スタッドと名づけた。ノエル卿はこの地で、一流の競走馬コンノートやウェルシュ・ペイジェントなど、種牡馬の育成を続けていた。1981年にシンガポールのYong Nam-Seng氏がこのスタッドを購入し、ダミスター、そして短期間ではあるがそのチャンピオンであるケルティックスウィング、さらにビンアジャワド、スーパーラティブ、セイフエルアラブを生産し、スタリオンの伝統は維持されることになったのである。シンガポールジョッキークラブのスチュワードであり、オーストラレーシアレーシングカンファレンスの元会長でもあるYong Nam-Seng氏は、20年間の所有の後、2001年11月にウッディトン・スタッドを現オーナーのダーレー・スタッド・マネジメントに売却し、現在は休養施設として利用されている。

サスーンは1960年にマーティン・H・ベンソンからビーチハウススタッドを購入し、イブスタッドとともにマーレスが経営するサスーン・スタッズ・インコーポレイテッドの一部となった。1971年、サスーン夫人はサスーン・スタッドをルイス・フリードマンに売却した。

ヴィクター・サスーン卿の厩舎では、ダービー(ピンザ、クレペロ、ハードライド、セントパディ)、エプソムオークスエキシビションニスト)、1000ギニーエキシビションニスト、ハニーライト)、2000ギニー(クレペロ)、セントレジャー(セントパディ)、キングジョージVI・エリザベスステーク(ピンザ)で優勝し、大きな実績を残している。

家族

1924年に父エドワード・エリアス・サスーンが亡くなり、ヴィクター・サッスーン卿はボンベイの第3代男爵となった。1959年、アメリカ人の看護師だったイヴリン・バーンズ(「バーンジー」)と結婚。サスーンには子供がなく、男爵の地位は消滅した。

モカッタ家とは姻戚関係にあり、彼自身はセファラディのユダヤ人であった。彼の元部下であるローレンス・カドーリー(後のロード・カドーリー)は、後に香港の電力会社チャイナ・ライト&パワーを設立した。上海での彼の右腕の一人にゴードン・カリーがいたが、彼は日本軍によって強制収容所に入れられ、数年間そこに留まった。

栄誉と受賞歴

● 大英帝国勲章騎士団勲章 - 1947年1月1日。
● 香港の香港島の住宅地であるポックフーラムのサスーン・ロードは、彼にちなんで名づけられた。
● 2011年2月11日、バハマ郵便公社は、ビクター・サスーン心臓財団の50周年を記念して4枚の記念切手を発行した。そのうちの1枚にヴィクター・サスーン卿が描かれている。

感想

サスーン家の中で、当時最も東アジアで影響力を持っていたと思われるヴィクター・サスーン卿ですが、一族としてはヴィクターの代で途絶えています。アヘン貿易により巨万の富を得たサスーン家が、清朝やその後の中国国民党共産党に与えたであろう影響は、今日も大きなものであると推測します。今後は、彼の周辺で活動していた上海のユダヤ人にも焦点を当てていきたいと思います。

関連記事

最後に

最後までお付き合いいただきありがとうございました。もし記事を読んで面白かったなと思った方はスキをクリックしていただけますと励みになります。

今度も引き続き読んでみたいなと感じましたらフォローも是非お願いします。何かご感想・ご要望などありましたら気軽にコメントお願いいたします。

Twitterの方も興味がありましたら覗いてみてください。

今回はここまでになります。それではまたのご訪問をお待ちしております。