ラビのアブラハム・フィンケルスタイン氏に聞く、ユダヤ人による世界支配について②



こんにちは。いつもお越しくださる方も、初めての方もご訪問ありがとうございます。

今回はYouTubeの動画の翻訳をします。翻訳のプロではありませんので、誤訳などがあるかもしれませんが、大目に見てください。翻訳はDeepLやGoogle翻訳などを活用しています。

学問・思想・宗教などについて触れていても、私自身がそれらを正しいと考えているわけではありません。

 

 

 

序文

今回は何年も前から出回っているラビのアブラハムフィンケルスタイン氏への世界的に有名なインタビュー動画です。

Interview with Rabbi (Abraham) Abe Finkelstein about Jewish control of the world

charlene zechender: Interview with Rabbi Abe Finkelstein about Jewish control of the world

Раввин Финкельштейн:"В Макдональдсе мясо ваших детей"-?

9.11について

Q:お聞きしたいのですが。これは非常に興味深いことです。このイラク戦争は、2001年の9月に起こったとされるタワー事件の後に起こったものですが、非常に興味深いことに、タワーにはユダヤ人はいませんでした。説明してくれますか?

A:まあ、精神的にはタワーにはユダヤ人がたくさんいました。

Q:はははははは。

A: 霊的には、多くのユダヤ人がタワーで死んだのです。

Q:なるほど、あの日、タワーで仕事をしていなかった3000人のユダヤ人がいたということですね。多くの人は、ニューヨークのユダヤ人が、何かが起こることを知っていて、その日は仕事に来なかったという印象を受けたのではないでしょうか。

A:ええ、ケヒラ(中世のユダヤ人社会における準政府機関)から電話があって、アリエルとモサドの少年たちが集まったんです。アリエルとモサドの少年たちが集まって、建物に配線をして、彼らが、それらが壊しました。新しい建物を建てようとしていて、建物が古くなっていたので、取り壊すのは大変なことだったんです。そうすれば、建物を壊すことでシェケルを稼ぐことができます。そういえば、シルバーマン(意味不明)は私の親友でした。彼らにはラリーがいます。彼はそこで2対1の取引をして、保険を2倍にしたんですよ、魔法のようにね、事件の3ヶ月前にね、2ヒット(不明)を出したんですよ、だから彼は4倍の儲けを出したんです。

私も契約するべきでした。彼は私に尋ねてきましたが、私は「ああ、ちょっと考えさせてください」と答えました。考えるのにちょっと時間がかかりすぎて、彼らはよく言うようにプラグを抜いてしまい、ビルが倒壊してしまいました。でも、少なくとも私は市場に参加しました。アメリカン航空ユナイテッド航空空売りしたり、ロンドンのロイズ保険会社が大打撃を受けたので空売りしたり、アライアンス保険会社を空売りしたりしていました。

それでわずかばかりシェケルを儲けました。

Q:では、質問させてください。ここではたくさんの憶測が飛び交っています。私は、ユダヤ人がどんな道徳的な社会においても泥棒であり、嘘つきであることを知っています。なぜなら、ユダヤ人の間には良心がないことも知っていますし、ラビ・フィンケルスタイン、私があなたに何を言おうと関係ありません。あなたにはまるで糠に釘です。違いますか?

A:ユダヤ人は常に罪悪感を感じています。私たちは常に罪悪感を感じています。私たちには良心があります。

あなたがたが持つ唯一の良心は、誰からもどの国からもすべてのお金を盗むことができないとき

Q:あなたがたが持つ唯一の良心は、誰からもどの国からもすべてのお金を盗むことができないときです。

A:まあ、ちょっと身近なことを言っていますが、その通りですね。

Q:さて、多くの食品ラベルには「U」と「K」があります。スーパーなどで売られている食品のラベルには、このUとKが書かれていますよね。これはユダヤ人の税金で、アメリカ中のあなたのようなラビに支払われているのですか?これも、製品を購入する大衆であるゴイムを犠牲にした詐欺行為なのでしょうか?

儲けられるところでは儲ける権利がある

A:まあ、それには乗りませんでしたが、そうだね、他のラビグループにも多いですよね。彼らは食べ物に税金をかけていて、それを税金と呼ぶこともできます。儲けられるところでは儲ける権利があります。誰にも止められなければ、金を稼げばいいのです。

そして、ゴイム、つまり彼らは家畜なんですよ。そこにいる白人は、彼らはゴイムであり、家畜なんです。だから、私たちが家畜を養うことでお金を稼ぎたいと思っても、それが間違っているとは誰も言わないでしょう?

Q:では、あなたのシンジケートであるゴグ(意味不明、シナゴーグかもしれない)、ラビ・フィンケルスタイン、ユダヤ人が、ユダヤ人全体が、東海岸で直面している最大の恐怖は何でしょうか?

A: 最悪なのは、もし私たちがぶらぶらしていたり、連邦準備制度理事会の仲間たち、アレンが米ドルのプラグを抜くとしたら、そうなる前に私たちはスイスフランやユーロ、日本円などにしておきたいですよね。

ケヒラから電話がかかってきますよ。今は少しずつ整理しています。他にも2、3のゴイムがいて、彼らは優秀で安息日ゴイのために支払われます。コンピューターのところのビル・ゲイツがそうだし、それとウォーレン・バフェットですね。二人とも、1年ほど前に米ドルを手放したんだ。私たちは彼らを清算するように呼んでいます。しかし、我々はまだそこに留まっています。それで、彼らが市場からいなくなったことで、余分な利子がつきました。彼らは大量のシェケルを持っているからね。

Q:ユダヤ人の皆さんが、ついに全米ライフル協会を手に入れたようですね。サンドラ・ペレルマンという名前のユダヤ人(不明瞭:フォーマンのように聞こえる)は現在全米ライフル協会の会長です。

A:まあ、そうなんだけど、一昔前には全米ライフル協会と一緒にいけました。A、チャールトン・ヘストン、彼はあまり知られていないが、そう、彼はユダヤ人のいい子です。50年代の映画では、彼にモーゼを演じさせたんです。

でも、全米ライフル協会はずいぶん前に買収しました。世の中のすべての組織は、ユダヤ人が支配しています。みんな知ってることです。

もしあなたが反対勢力を持つことになったら、あなたはその反対勢力をコントロールするだろう

Q:タルムードの中に、「もし反対勢力があるなら、その勢力をコントロールする」という記述がありましたが、これはどういうことですか?

A:そうですね、もちろんです。最も賢い方法は、すべてのゲームの両サイドを所有することです。そうすれば、結果がわかるからね。私たちは共和党民主党も所有しています。共和党にも民主党にも善良なユダヤ人がたくさんいて、他の人たちは買収された善良な安息日ゴイですが、彼らの選挙運動の献金に数十万円を投じて、イスラエルユダヤ人ロビーに渡します。

誰もそれを止めなければ、誰がそれをすべきでないと言えるでしょうか。あなたはそれをしたいと思いませんか?あなたがやっているのではなく、私たちがやっているのです。

Q:ああ、でも君たちは泥棒で嘘つきだからね、聖ヨハネ8:44に書いてある通りですよ。ですが、ラビ・フィンケルスタイン、あなたは私を所有していないし、私をコントロールしていないし、この国の人種アイデンティティ運動をコントロールしていないし、彼らはあなた方が何者で、何をしてきたかを程度の差こそあれ、本当に理解しているのです。

A:まあ、その通りですね。あなたは、私たちがコントロールできないゴイムの一人ですが、少し別のことを教えましょう。我々は、君の行動を尊敬していますよ。しかし、そこにいる残りの奴らは、すべて臆病者の集まりであり、すべての白人人種のゴイム、すべての男性だ。

彼らのほとんどは、財布を持ち、イヤリングをつけている。白人の女の子が私たちのところに来るのも不思議ではありません。

Q:少し前に、ある人とここで会話をしたんですが、アメリカのフェミニストホモセクシャルアジェンダの話になりました。そのことについて何か話したいことはありますか?

女性の権利運動

A:そうですね、1900年代の初めにさかのぼります。私たちが始めた女性の権利運動です。[これはニコラス・ロックフェラーがアーロン・ルッソとのインタビューで確認している。ロックフェラーは「ウーマンリブ」運動を始めたのはロックフェラーだと言っている]。

ほら、ゲームのことを考えて、ゴールのことを考えないといけません。シャーマン戦車のように突っ込んでいくことはできません。小さなことから始めなければなりません。そこで、私たちはこう言いました:「同一労働同一賃金を実現するのはどうだろう?そして、投票権を与えよう。そして、みんながそれを支持してくれた。私たちは女性から始めました。アダムとイブの話でも知られているように、女性は弱い性です。

いずれにしても、私たちは女性を集めました。そして今、すべての女性を見てください。世界中のほとんどの女性、特にここアメリカでは、髪は短く、ボーイフレンドにシュワッツァー(訳注:黒人の意味か)を持っていますし、レズビアンの恋人がいます。40歳までには結婚していますが、子供はあまり作れません。なぜなら、万能の金、ドル、シェケルを追いかけていた年月を台無しにしてしまったからです。

でも、肝心なのは、本当のイケメンは、自分たちが所有するハリウッドに連れて行って、彼女らに(文の残りの部分は認識できない)と思わせるということです。

Q:なるほど、ラビ・フィンケルスタイン、私がケースに使用することについて話していたのはご存知ですよね、それはフードボックスやフードソースに使用することです。私が望んでいるのは、これはユダヤ人の個人的な税金であり、人々は知らず知らずのうちに支払っているのではないかということです。

A:そうですね、知っている人もいますし、知らない人もいますが、払ったほうがいいですよ。払わないと商品が手に入りませんし、ラビもシェケルを稼がないといけませんからね。

Q:イスラエルに旅行した人と話していたときのことです。アメリカは昔から「乳と蜜の国」として知られています。向こうでは、ああ、アメリカは乳と金の国だと言うんですよ。それと関連づけて考えてみませんか?

結局はユダヤ人がアメリカを形成した

A:まあ、何というか、アメリカの多くの人々は、数百年前に会社や国を形成したと言われる55人の男たちについて、いまだに騒いでいます。しかし、結局はユダヤ人が国を作ったのです。私たちはここにやって来ました。1492年はスペインから追い出された年で、ユダヤ人であるコロンブスが私たちをここに連れてくるために見つけたのです。リオに拠点を置く予定でしたが、ニューヨークに行くことにしました。ニューヨークは気候がよく、蚊も少ない。蚊もあまりいないし、少しはマシだと思いました。

それで、ニューヨークに拠点を置き、お金を稼ぐことにしました。

イラク戦争で約3000億円を稼いだ

Q:あなたに聞こうと思っていたのですが、ああ、このイラク戦争には、たくさんのユダヤ人のお金が投資されていますよね?

A:そうですね、我々は全ての弾薬会社を持っていますし、全ての航空機会社、全ての銃メーカー、全ての物資を持っています。ジョージ・ブッシュは良いゴイムです。彼はそれを連邦準備銀行から借りて、利子を返すために国民に税金をかけなければならないのです。ローンの最も重要な部分は利子だからだ。利子を返さなければならない。元金はどうでもいいのです。しかし、利子はずっと続いていかなければならない。

これまでのところ、イラクではかなりうまくいっています。3000億円ほどを手に入れました。しかし、ジョージが言ったように、この戦争はあと30年は続くでしょう。私たちは彼に、静かにしていろ、黙っていろ、大物のように振る舞うなと言いました。しかし、彼は話し続けた。でも、この戦争はあと30年は続くんだ。

60か国くらいに行くことになるだろう。もうすぐ、ここにいるすべてのゴイムを捨てることになるだろう。男も女もね。女性は家にいて家庭を持ちたくないんだ。キャリアを積まなければならないのでね。グリーンスーツを着て、あそこに行って、人を撃って、撃たれて。女性にとっては刺激的なことでしょう。

ああ、だから、私たちはたくさんのお金を稼いでいるんだ。

Q:これは非常に興味深いことですね。ターナーラジオの視聴者も熱心に聞いてくれていると思います。しかし、少なくともあなたは表に出て、真実を語っています。

あなたは、イラクに3000億ドルの利子がついていると言いましたが、1700人から3000人の死体は、あなたの稼ぎに比べたら何なのでしょうか?

たまには間引きも必要

A:そうですね、でもたまには間引きをしないといけませんね。そうしないと群れが大きくなりすぎてしまいます。群れが大きくなりすぎると、資源を食い尽くしてしまいます。だから、たまには群れを間引く必要があります。私たちはそれを「戦争劇場」と呼んでいます。なぜなら、私たちの最大の敵である白人とアラブ人が、女性たちがお互いに殺し合うのを見るのは面白いし、それによって私たちはたくさんのお金を稼ぐことができるからです。

信じられないかもしれませんが、私はそれでシナゴーグでたくさんの損失を出しました。

Q:さて、あと1分ほどで休憩に入りますが、ターナーラジオネットワークのヨハネ福音書8章44節プログラム、ボブ牧師の「嘘つきユダヤ人」というタイトルの番組をお聞きになっていると思います。私はジェームス・ウィックストロームで、ヤハウェの教師です。今夜、ボブ牧師の番組のゲストとして、アメリカの東海岸にいるラビ・フィンケルスタインが登場します。この休憩の後にお届けしますので、椅子を持ってそのままお待ちください、すぐに戻ってきます。

今夜のターナーラジオネットワークでのボブ牧師の放送、ヨハネ福音書8章44節への復帰を歓迎したいと思います。先週、嘘つきユダヤ人についての放送をカバーしてくれたボブに感謝します。

先週の放送で、嘘つきユダヤ人を取り上げてくれたことに感謝します。ラビ・フィンケルスタイン、あなたはまだそこにいますか?

A:私はここにいます。覚えておいてほしいのですが、世界の歴史上、ユダヤ人が嘘をついたことは一度もありません。私たちは常に真実を語るのです。

Q:はい、わかりました、あなたの真実が何かはわかっています。あなたにとっての真実は、私たちにとっては嘘ですが、でも、それでいいんです。

関連記事

最後に

最後までお付き合いいただきありがとうございました。もし記事を読んで面白かったなと思った方はスキをクリックしていただけますと励みになります。

今度も引き続き読んでみたいなと感じましたらフォローも是非お願いします。何かご感想・ご要望などありましたら気軽にコメントお願いいたします。

Twitterの方も興味がありましたら覗いてみてください。

今回はここまでになります。それではまたのご訪問をお待ちしております。