冥王代

見出し画像

こんにちは。いつもお越しくださる方も、初めての方もご訪問ありがとうございます。

今回は冥王代の英語版Wikipediaの翻訳をします。翻訳のプロではありませんので、誤訳などがあるかもしれませんが、大目に見てください。

翻訳はDeepLやGoogle翻訳などを活用しています。

当たり前のことかもしれませんが、学問・哲学・宗教などについて触れていても、翻訳している学説・思想・宗教観を正しいと考えているわけではありません。

 

 

冥王代

Hadean - Wikipedia

冥王代は、太古代に先行する地球史の累代のことである。国際層序委員会(ICS)の定義によれば、約46億年前の地球の形成に始まり、40億年前に終了した。2016年現在、ICSはその状態を「非公式」としている。この言葉は、アメリカの地質学者プレストン・クラウドが、ギリシャ神話の冥界「ハーデース」にちなんで作った造語で、当初は地球上で最も古い岩石が発見される前の期間を示すものだった。後にW・ブライアン・ハーランドが、ほぼ同義語として、ラテン語の「古代」を意味するpriscusを語源とするプリスコアン紀という言葉を作った。他の古い文献では、この時代を先太古代と呼んでいる。

語源

冥王代(ギリシャ神話の冥界の神ハーデースと冥界そのものを意味する)とは、惑星が形成されたばかりで、最近の降着、短命の放射性元素の豊富さ、他の太陽系天体との頻繁な衝突のために、まだ非常に高温であったという、当時の地球の地獄のような状況を表している。

細分化

この時代の地質学的な痕跡は地球上にほとんど残っていないため、正式な区分はない。しかし、月の地質年代尺度では、冥王代に関連するいくつかの主要な区分を包含しているため、これらは非公式な意味で、地球上の同じ期間を指すために使用されることがある。

月の区分は以下の通りである。

● 先ネクタリス代、月の地殻形成期(45億3300万年前)から約39億2,000万年前までの期間

● 39億2000万年前から約38億5000万年前までのネクタリス代は、理論によれば、後期重爆撃が減少していた時代のものである。

2010年には、冥王代以前のチャオティアンと先ネフェリアンを加えて、冥王代を2期ずつの3つの時代に分けるという別の尺度が提案された。古冥王代は、ヘファステアン(45億年前〜44億年前)とジャコビアン(44億年前〜43億年前)からなる。中冥王代は、カナディアン(43億年前〜42億年前)とプロクルステアン(42億年前〜41億年前)に分けられる。新冥王代はアカスタン(41億年前~40億年前)とプロメティアン(40億年前-39億年前)に分けられる。2021年5月現在、国際地質科学連合IUGSでは採用されていない。

冥王代岩

20世紀最後の数十年で、地質学者はグリーンランド西部、カナダ北西部、西オーストラリアからいくつかの冥王代の岩石を確認した。2015年には、西オーストラリアの41億年前の岩石から生物の残骸と解釈される炭素鉱物の痕跡が発見された。

西オーストラリアのネリア片麻岩テレーンのジャック・ヒルズにある変成砂岩礫岩に封入されていた最古の年代のジルコン結晶は,44億400万年前 ± 800万年前 であった。このジルコンはわずかに外座層であり、一貫して古い年代のジルコンは43億5000万年前、地球の形成時期から約2億年後に相当するものである。

他の多くの地域では、古い岩石に囲まれた捕獲結晶(または残存)の冥王代ジルコンは、若い岩石が古いテレーン上で形成され、古い物質の一部を取り込んだことを示している。その一例として、ガイアナ南部のイオクラマ層に見られるギアナ楯状地では、ジルコン・コアの年代が42億2000万年前と測定されている。

大気と海洋

地球を形成した物質の中には、かなりの量の水が含まれていたはずである。水の分子は、地球が形成されたときに質量が小さかったため、地球の重力から逃れやすかったと考えられる。水素とヘリウムは、大気の脱出により(現在でも)継続的に脱出していると考えられる。

古代の惑星の一部は、月を作った衝突によって破壊されたという説があり、それによって地球の1つまたは2つの大きな領域が融解したはずである。現在の地球の組成を見ると、巨大な岩石の塊を完全に溶かして混ぜることは難しいので、完全な再溶解はなかったと考えられる。しかし、この衝突によってかなりの部分の物質が蒸発し、若い惑星の周りに岩石蒸気の大気が形成されたはずである。岩石蒸気は2000年以内に凝縮し、高温の揮発性物質が残り、水素と水蒸気を含む重いCO₂の大気になったと思われる。地表温度が230℃でも液体の水の海が存在していたのは、重いCO₂大気による27気圧以上の大気圧では、水はまだ液体だからである。冷却が進むにつれ、沈み込みや海水への溶解によって大気中のCO₂のほとんどが取り除かれたが、新たな地表やマントルのサイクルが出現すると、大気中のCO₂濃度は大きく変動した。

ジルコンの研究により、地球が形成されて間もない44億年前には液体の水が存在していたことがわかった。そのためには、大気の存在が必要である。クールな初期地球説では、約44億年から約41億年の範囲をカバーしている。

2008年9月に行われたジルコンの研究では、オーストラリアの冥王代岩に、40億年前(地球誕生から約6億年後)にプレートテクトニクスの存在を示唆する鉱物が含まれていることが判明した。これが事実であれば、地球の表面が高温で溶けていて、大気が二酸化炭素で満たされていた状態から、現在のような状態に移行し終わった時期は、おおよそ40億年前と考えられる。プレートテクトニクスと海洋の働きによって大量の二酸化炭素が閉じ込められ、それによって温室効果が減少し、地表の温度が下がり、固体の岩石が形成され、さらには生命が誕生したのではないかと考えられる。

関連記事

冥王代 - 幻想の近現代

太古代 - 幻想の近現代

原生代 - 幻想の近現代

クライオジェニアン - 幻想の近現代

エディアカラ紀 - 幻想の近現代

最後に

最後までお付き合いいただきありがとうございました。もし記事を読んで面白かったなと思った方はスキをクリックしていただけますと励みになります。

今度も引き続き読んでみたいなと感じましたらフォローも是非お願いします。何かご感想・ご要望などありましたら気軽にコメントお願いいたします。

Twitterの方も興味がありましたら覗いてみてください。こちらよりも少し口が悪いですけれど気にしないでください。

今回はここまでになります。それではまたのご訪問をお待ちしております。

世界が一日もはやく呪われた微睡の日常から目が覚めますように。