世界経済フォーラムの創設者クラウス・シュワブはロスチャイルドの一族だった?

こんにちは。いつもお越しくださる方も、初めての方もご訪問ありがとうございます。

今回は前回と前々回に紹介した世界経済フォーラムについてのお話です。

 

 

世界経済フォーラム

世界経済フォーラムとはどういった組織だろうと言った場合、非常に雑な言い方をしますと、ヨーロッパのグローバル主義者によって頻繁に開催されている評議会と言った所でしょうか。

当初は学者なども沢山参加していたようですが、現在はビジネスマンや政治家などが集まって、人類がどのような政策を行っていくのかを話し合う場であり、良いか悪いかはともかく、日本政府の行政や立法に計り知れない影響力を持っているということを言う必要があると思います。

日本国内でこの国をどのような方向へと導くかという議論よりも、最近ではこの世界経済フォーラムなどの国際的な組織の決定に従って政治家や官僚が、官民に対して指針を提示しているというのが実状ではないかと思います。

特に日本ではこの世界経済フォーラム評議員を務める竹中平蔵氏の役割が大きなものとなっており、日本の首相と言えども、竹中氏から助言を受けながら政策決定を行わなければならないと思います。これは私ばかりでなく多くの日本人が感じていることだと思いますが、その背後に世界経済フォーラムという存在があることを注意する必要があると思います。

The Great Reset | 世界経済フォーラム

※ 世界がコロナで苦しむ中、世界経済フォーラムは世界に対して「グレートリセット」を推進すると宣言しています。

クラウス・シュワブ

クラウス・シュワブというドイツ人によって1971年に創設されたこの世界経済フォーラム(当初は欧州経営フォーラムといいました)ですが、創設から既に50年という歳月が流れているにも関わらず、未だにクラウス・シュワブがこの組織の指導者として君臨しています。

このため、長らく世界経済フォーラムは非民主的な組織として非難されています。

クラウス・シュワブは様々なサイトを調べても、その生い立ちや家族構成が見えてこないのも特徴的で、父親や母親について確定的に論じている文章が見当たりません。

このためかネット上では様々な憶測が飛んでいます。シュワブという姓はドイツやスイスそしてアメリカに多くみられるようです。

気になるのがドイツの共産主義者アレクサンダー・シュワブで、これまでも何回も名前を紹介してきた革命家のカール・リープクネヒトやローザ・ルクセンブルグと親友であったとあります。

ネット上で議論になったのは、恐らく憶測なのでしょうが、母親がロスチャイルドの生まれだというものです。次のサイトがこの仮説を生み出したものと推測します。

Family Schwab / Projekt Jüdisches Leben in Frankfurt

記事ではフレッド・シュワブとマリアンヌ・シュワブの関係が取り上げられていますが、このマリアンヌは元々ロスチャイルド家の生まれです。記事の中で、マリアンヌはルイス・ロスチャイルドとメラルニー・ロスチャイルドの娘であることがわかります。マリアンヌにはエドワルド・ロスチャイルドという弟がいたようですが、1942年に亡くなっています。

もしかすると、クラウス・シュワブとフレッド・シュワブ、マリアンヌ・シュワブが親子であるという確かな情報がどこかにあるのかもしれませんが、私自身は見つけられていません。

これが憶測としてネットに流布されている原因の一つには、実際にクラウス・シュワブの生い立ちがどういったものなのか家族構成が見えてこないこととともに、ひとりの経済学者が、何の後ろ盾もなく、これほどまでの巨大な組織を作り上げた点があるのではないかと思います。

世界経済フォーラムの創設者が実はロスチャイルドの人間だったとなると、この巨大な評議会にも、様々な意味合いを読み取ることができます。もしこの仮説がフェイクであるならば、クラウス・シュワブからそれを否定する証拠が提示されればいいだけなので、彼の出生が謎であることがこの憶測が実は事実なのではないかと多くの人に思わせているのかもしれません。

もしそうなると、竹中平蔵ロスチャイルド家代理人だったという話になります。あくまでも確定事項ではありませんが、こういった噂があるということくらいは知っていても損はないと思います。

※ 竹中氏が会長をつとめるパソナグループは政府との癒着により、コロナ禍にあって多大な利益を生み出している。

最後に

最後までお付き合いいただきありがとうございました。もし記事を読んで面白かったなと思った方はスキをクリックしていただけますと励みになります。

今度も引き続き読んでみたいなと感じましたらフォローも是非お願いします。何かご感想・ご要望などありましたら気軽にコメントお願いいたします。

Twitterの方も興味がありましたら覗いてみてください。こちらよりも少し口が悪いですけれど気にしないでください。

今回はここまでになります。それではまたのご訪問をお待ちしております。

世界が一日もはやく呪われた微睡の日常から目が覚めますように。