【最初の革命的共産主義者】フランソワ・バブーフ

こんにちは。いつもお越しくださる方も、初めての方もご訪問ありがとうございます。

今回はフランソワ・バブーフの英語版Wikipediaの翻訳をします。翻訳のプロではありませんので、誤訳などがあるかもしれませんが、大目に見てください。

翻訳アプリDeepLやGoogle翻訳などを活用しています。

 

 

フランソワ・バブーフ

François-Noël Babeuf - Wikipedia

フランソワ・ノエル・バブーフ (1760年11月23日 - 1797年5月27日)は、グラックス・バブーフとも呼ばれ、フランス革命期の原社会主義者、革命家、ジャーナリストでした。彼が発行した新聞「人民のトリビューン」は、貧しい人々を擁護し、フランス政府である総裁政府(ディレクトリー)に対する民衆の反乱を呼びかけたことで知られている。彼は、民主主義と私有財産の廃止を唱えた第一人者である。彼は、急進的な敵を厳しく取り締まっていた当局を怒らせた。ジャコバン派の仲間たちが彼を救おうと努力したにもかかわらず、バブーフは「平等の陰謀」の役割を果たしたとして処刑された。

グラックス」というニックネームは、彼を古代ローマで民衆のトリビューン(護民官)を務めたグラックス兄弟になぞらえたものである。バブーフが生きていた時代には、無政府主義者共産主義者という言葉は存在しなかったが、後世の学者たちが彼の思想を表現するために、この2つの言葉を使っている。共産主義は、グッドウィン・バームビーが「バブーフの弟子たち」と呼んだ人々との会話の中で、英語で初めて使われた。彼は 「最初の革命的共産主義者」と呼ばれている。

その政治思想について、バブーフは「社会は、人よりも金持ちになりたい、賢くなりたい、権力を持ちたいという人間の欲望を、きっぱりと根絶するような方法で運営されなければならない」と書いている。バブーフは「平等宣言」の中で、「フランス革命は、より大きく、より厳粛で、最後の革命となるであろう別の革命の前兆にすぎない」と書いている。

初期の人生

バブーフは、サンカンタンの近くにあるサン・ニカイズで生まれた。父親のクロード・バブーフは、1738年にフランス王国軍を脱走してオーストリアマリア・テレジアの軍隊に移ったが、少佐まで昇進したと言われている。1755年に恩赦を受けてフランスに帰国したが、すぐに貧困に陥り、妻や家族を養うために非正規労働者として働かなければならなかったという。幼少期の苦難は、彼の政治的意見を形成する上で大きな要因となった。父親から基本的な教育を受けていたが、革命勃発までは家政婦として働き、1785年からは貴族や神父が農民に対して封建的な権利を主張するのを助ける「コミセール・ア・テリア」という役職に就いていた。封建貴族を捨てたと非難された彼は、後に「フランス革命の太陽」によって、「母なる封建制度」を「百の頭を持つヒドラ」と見なすようになったと語っている。

革命の活動

革命が始まったとき、バブーフはロワイエRoyeの土地測量士のもとで働いていた。1780年に父が亡くなり、今度は妻と2人の子供、そして母や兄弟姉妹を養わなければならなかったのだ。

1787年3月21日、アラスArrasのアカデミーの秘書に宛てた、主に文学に関する一連の書簡の1つに、彼の将来の社会主義の兆しが見られる。1789年には、封建的権利の廃止を要求するロワイエの選挙人のカイエ(議事録)の第一条を作成している。1789年7月から10月までパリに滞在し、処女作の出版を監督した。「1789年の国民議会とフランスの自由の最初の1つに捧げられた国家カダストレ(地籍)または土地登録簿」と題されたこの本は、1789年に執筆され、1790年に発行された。同年、彼は封建的補助とガベル(塩税)に反対するパンフレットを出版し、糾弾されて逮捕されたが、暫定的に釈放された。

政治的執筆と投獄

10月、ロワイエに戻った彼は、40号を数える政治雑誌「ピカール通信員」を創刊した。バブフはこの雑誌で累進課税制度を訴え、1791年の立法議会選挙で予定されていた、市民の投票を社会的地位で加重する「国勢調査による参政権」を非難した。政治活動の結果、1790年5月19日に逮捕されたが、ジャン=ポール・マラーの全国的な圧力により、7月の「連盟の祭典」の前に釈放された。11月にはロワイエ市の議員に選ばれたが、除名された。

1791年3月、バブーフは町の国有財産について報告する委員に任命され、1792年9月にはソンム県の評議会のメンバーに選ばれた。1792年9月には、ソンム県議会議員に選出された。しかし、主席行政官で後に会議の副官となったアンドレ・デュモンと対立したため、バブーフはモンディディエ地区の行政官に転任した。そこで彼は、国有地の譲渡証書の名前を変えたことで、詐欺罪に問われた。このミスはおそらく過失によるものであったが、ソンムの裁判官の公平性を疑ってパリに逃亡し、1793年8月23日に法廷侮辱罪で20年の禁固刑を宣告されたのである。その間、彼はパリ・コミューンの救済委員会の書記に任命されていた。

アミアンの裁判官は、彼の逮捕状を持って彼を追跡し、それは2年目のブリュメール(1793年)に行われた。大審院は、形式上の不備を理由に判決を破棄し、バブーフをエーヌ裁判の前の新しい裁判のために送り、1794年7月18日、テルミドールの反動のわずか数日前に無罪判決を下した。

バブーフはパリに戻り、1794年9月3日に「報道の自由ジャーナル」の創刊号を発行した。1794年7月28日にマクシミリアン・ロベスピエールが処刑されたことで、恐怖政治は終わり、白色テロが始まった。(グラックス・バブーフを自称する)バブーフは、「宣言による」だけでなく「実際に」平等を実現するという目標を掲げ、没落した恐怖政治家たちを擁護した。しかし、テロについては、「私は彼らのシステムのこの特別な側面に異議がある」と述べている。バブーフは、テルミドール反動の指導者たちや、社会主義的観点から革命の経済的成果を攻撃した。また、政治クラブに女性を参加させることを主張した。

これはジャコバン・クラブでも賛同者が少なく、10月には逮捕され、アラスで投獄された。ここで彼は、フィリップ・ブオナローティ、シモン・デュプレ、ルネ・フランソワ・ルボアなどの政治犯から影響を受けた。ルボアは「平等のジャーナル」の編集者であり、後にルクレールの「人民の友」というジャン・ポール・マラーの伝統を受け継ぐ新聞の編集者となった。バブーフは、獄中から革命の提唱者として登場し、『Tribun』33号で世界に向けて完全に宣言した自分の計画は、1793年の憲法を回復することによってのみ実現できると確信した。この憲法は、普通選挙による国民投票で批准されたが、施行されなかった。

1795年2月、バブーフは再び逮捕され、ジャコビニズムを根絶することを使命とする若者たち、ジュネス・ドレによって、『人民のトリビューン』はベルジュレス劇場で厳粛に焼却されたのである。バブーフは、他の運動家と同じように無名になっていたかもしれないが、アッシニアの価値が下がったことで、ひどい経済状況に陥っていた。

平等の陰謀

バブーフが歴史的に重要視されたのは、経済危機に対処しようとする総裁政府の試みだった。新政府は、フランス全土を犠牲にしてパリに利益をもたらしていた制度を廃止しようとしていた。そのために、1796年2月20日、パンと肉の公称価格での販売を廃止することを計画した。この発表は、人々に大きな衝撃を与えた。制度によってパリに集められた労働者やプロレタリアの大部分はもちろん、政府が恣意的に設定したアッシニアで収入を得ていた貴族や役人も、飢餓の危機を感じていたのである。政府はその声に屈して、救済を受ける人を階級別に分けて問題を軽減しようとしたが、かえって警戒心と不満を募らせてしまった。

普遍的な悲惨さは、既存の秩序に対するバベーフの激しい攻撃のポイントとなり、彼の耳目を集めました。彼は「平等(エゴー)の会」と呼ばれる小さな支持者を得ていたが、すぐにパンテオンで会合していたジャコバン・クラブの残党と合併した。1795年11月、警察はバブーフが公然と「暴動、反乱、1793年の憲法」を説いていると報告した。このグループは、「平等(エゴー)のマニフェスト」の著者であり、バブーフのシンパであったシルヴァン・マレシャルの影響を受けていた。

政府はしばらくの間、バブーフを放置していたが、彼の活動を観察していた。左派の運動は、王党派の打倒運動に対抗できるので、総裁政府にとっては好都合だった。労働者の多くは、極端な意見の持ち主であっても、バブーフの血の気の多い行動に反発し、警察はバブーフの活動が政府への支持を高めたと報告した。ジャコバン・クラブは、バベーフとルボアが「喉を切る者」égorgeursであるという理由で入会を拒否した。

しかし、経済危機はバベーフの影響力を高めた。ナポレオン・ボナパルトが1796年2月27日にパンテオンのクラブを閉鎖してからは、バベーフは活動を活発化させた。バブーフは、「風月と芽月」(冬の終わりと春の初め)に、「祖国の兵士ラランド」というペンネームで、「人民の偵察者、あるいは抑圧された2,500万人の擁護者」という論文を発表し、パリの街中でグループからグループへと密かに渡されていった。

同じ頃、バブーフの『トリビューン』40号は、9月の大虐殺の犯人を「祖国にふさわしい」と称賛し、「餓鬼、吸血鬼、暴君、吊るし人、悪党、山師」で構成された政府を破壊するためには、より完全な「9月2日」が必要だと宣言し、大きなセンセーションを巻き起こしていた。

すべての階級の苦悩は続いた。3月、総督府はアッシニアの代わりにマンダットの新規発行を試み、期待を持たせましたが、すぐに裏切られました。国家破産が宣言されたという噂が流れ、何千人もの下層労働者がバブーフの考えに賛同した。1796年4月4日、政府は50万人のパリ市民が救済を必要としているという報告を受けた。4月11日から、パリには「バブーフの教えの分析」(『人民のトリビューン』)と題されたポスターが貼られた。このポスターは、「自然はすべての人間に、すべての財産を平等に享受する権利を与えた」という文章で始まり、1793年の憲法を復活させようという内容で終わっていた。

逮捕と処刑

バブーフの歌「飢えて死ぬ、寒くて死ぬ」が流行の曲にのせてカフェで歌われるようになり、大きな拍手が送られた。グルネルのキャンプにいるフランス革命軍の不満分子が、政府に対する反乱を起こす準備をしているという情報が流れた。中央集権局は、諜報員(特に元大尉のジョルジュ・グリセル、彼はバブーフの会に入会していた)を通じて、4年目のフロレアル22日(1796年5月11日)にジャコバン派と左翼派を巻き込んだ武装蜂起を起こすという陰謀(後に「平等の陰謀」と呼ばれる)の証拠を集めていた。

5月10日、ティソという偽名を名乗っていたバブーフは逮捕された。彼の仲間の多くは、ラザール・カルノーからの命令で警察によって集められました。その中には、国民会議の元メンバーであるオーギュスタン・アレキサンドル・ダルテ、フィリップ・ブオナロティ、国民会議の元メンバーであるロベール・リンデ、ジャン=ピエール=アンドレ・アマール、マルク=ギヨーム・アレクシス・ヴァディエ、サント・メネホールの郵便局長として有名で、ルイ16世がヴァレンヌに逃亡した際にルイ16世を逮捕し、現在は総裁政府の500人評議会のメンバーであるジャン=バティスト・ドゥルエなどがいた。

政府の弾圧は非常に成功した。『トリビューン』誌の最終号は4月24日に発行されたが、『人民の友』誌のルネ・フランソワ・ルボアは兵士たちに反乱を起こさせようとし、一時は軍部の反乱の噂が流れたこともあった。

バブーフとその共犯者は、ヴァンドームに新設された高等法院で裁かれることになった。1796年8月27日と28日のフルクティドール(実月)10日と11日に囚人たちがパリから移送されたとき、囚人たちを救出しようとする暴動が一時的に起きたが、簡単に鎮圧された。1796年9月7日には、500~600人のジャコバン派がグルネルで兵士を奮い立たせようとしたが、これも失敗に終わった。

裁判は1797年2月20日からヴァンドームで行われた。この陰謀にはもっと重要な人物が関わっていたが、政府はバブーフをリーダーとして描いた。彼自身の虚栄心が彼らの手を借りたのである。プレリアル(牧月)7日(1797年5月26日)、バブーフとダルテは死刑を宣告され、ブオナローティを含む一部の囚人は国外追放され、ヴァディエとその仲間のコンスタンティノープルを含む残りの囚人は無罪となった。ポール・バラスによれば、ドゥルエは総本山の協力を得て逃亡したという。バブーフとダルテは翌日、ヴァンドームのプレイリアル8番地(1797年5月27日)でギロチンにかけられ、控訴もされなかった。

バブーフの遺体は輸送され、ヴァンドームの旧墓地であるロワール・エ・シェールのグラン・フォブールにある集団墓地に埋葬された。

最後に

最後までお付き合いいただきありがとうございました。もし記事を読んで面白かったなと思った方はスキをクリックしていただけますと励みになります。

今度も引き続き読んでみたいなと感じましたらフォローも是非お願いします。何かご感想・ご要望などありましたら気軽にコメントお願いいたします。

Twitterの方も興味がありましたら覗いてみてください。こちらよりも少し口が悪いですけれど気にしないでください。

今回はここまでになります。それではまたのご訪問をお待ちしております。